アスベスト調査・診断やアスベスト除去工事などのアスベストに関する総合対策は経験豊か、実績豊富なタマ塗装にお任せ下さい

アスベスト除去センター アスベスト除去センター
アスベストとはどういうものなのか? アスベストとはどういうものなのか? 確実なアスベスト除去工事を行うために アスベスト除去工事 施工実績 アスベストに関するお問い合わせ
確実なアスベスト除去工事を行うために
弊社が考えるアスベスト除去工事においてのいくつかのポイントをご紹介します
●どのような業者に頼めばよいのでしょうか?
     アスベスト除去工事前から、アスベスト除去工事後まで 環境に配慮した工事を心がけております
●アスベスト除去工事概算費用
   アスベスト除去工事にかかる概算の処理費用をご紹介します
●助成金制度や融資制度をご存知ですか?
     アスベスト除去工事を行う際、各自治体から助成金制度や融資制度があるのはご存知ですか?
●アスベストは撤去しただけで良い?
     アスベストは建物の耐火被覆などとして使用されていることが多いので、アスベストを撤去しただけですと耐火性能が失われてしまいます
●環境への配慮
     アスベスト除去工事前から、アスベスト除去工事後まで 環境に配慮した工事を心がけております
●アスベスト除去工事と封じ込め工事の違いは?
     アスベスト対策工事には3種類あり、現在では主に「アスベスト除去工事」と「アスベスト封じ込め工事」をご紹介します
●アスベスト除去工事に関するタマ塗装からのご提案
     アスベスト対策工事をする施設の利用状況やアスベストの劣化状況からお勧めの工事方法をご紹介します
環境への配慮
現在アスベストの調査・診断や除去工事を行う業者が非常に増えてきています。では、実際にアスベスト対策工事をお願いするのならば、数多くの業者の中からどのような業者を選べばよいのでしょうか?弊社がお勧めする業者選定の3つのポイントです。

1.安すぎるアスベスト除去業者に注意!
アスベスト除去工事には工事をする者が着る防護服や防護マスクを使い捨てで使用する工事なのですが、工事費用が安い業者はこのような消耗品を使い回して使用することでコストを抑え、工事費用を安くしています。防護服等を使い回すことによりアスベストが外部に飛散してしまう可能性があり、非常に危険です。安さも大切ですが、適切な価格で工事する業者をお選び下さい。

2.自社でアスベスト除去工事の機材を揃えている業者はお勧め!
工事を下請業者に出さずに自社施工を行うため間接費用がかからないため、工事費用が抑えられます。タマ塗装ではさまざまなアスベスト除去工事用の機材を取り揃えており、どのような工事にも弊社のみの自社施工で対応致します。

3.経験豊富で対応力のある業者に相談を!
アスベスト除去工事の場合は現場の状況により適切な対応を施さないとアスベストが外部に飛散することがある為、適切で柔軟な対応力を求められます。また、工事内容や工事過程、工事中の住民に対してのアドバイスをキチンと説明してくれる業者はさまざまな経験を積んでいる証拠ですのでそのような業者を選ぶとよいでしょう。
過去3年間(平成17年6月)の施工実績データを基に現時点での処理費用上昇想定分を加えて算出した金額です。
アスベスト処理面積

おおよその金額帯

300以下の場合 20,000円/ 〜 60,000円/
300〜1,000の場合 15,000円/ 〜 40,000円/
1,000以上の場合 10,000円/ 〜 25,000円/
吹き付けアスベスト除去費用(1あたりの単価)の目安はおおよそ上記の通りです。なお、事前調査費用・仮設・除去・廃棄物処理費など、全ての費用を含み算出した費用です。

アスベスト除去工事にかかる費用は状況により大きく異なります。(部屋の形状や、天井の高さなどの違いにより施工条件が大きく異なるため、費用が大幅に異なることがあります。)
また、今後の情勢により値上がり、値下がりが想定されます。
【社団法人建築業協会調べ】

補助金制度をご存知ですか?
アスベスト除去工事を行う際、各地方自治体から助成金制度や融資制度を利用できるのをご存知ですか?

助成金制度と融資制度のどちらを採用しているか、またその制度の内容は各地方自治体により大きく異なります。アスベスト除去工事をご検討の方はお住まい、またはお勤め先の地方自治体にご相談ください。

助成金制度の一例
例えば港区は、アスベスト除去工事にかかる費用の50%が助成されます。、また、アスベストの含有検査・濃度検査に対しても検査に要した費用の50%が助成される制度を設けています。(企業、住宅などにより助成限度額が設けられています。詳しくは各地方自治体にお問い合わせ下さい。)

東京都内のアスベスト除去工事に関する融資制度の一部をご紹介致します。
地域名 種別 助成・融資
限度額
問い合わせ先 地域名 種別 助成・融資
限度額
問い合わせ先
港区 住宅 50万円 環境課
03-3578-2111
練馬区 住宅 500万円 都市整備部 住宅課
03-3993-1111
企業 200万円 企業 1,000万円
荒川区 住宅 500万円 住環境整備課
03-3802-3111
北区 住宅 500万円 まちづくり部 住宅課
03-3908-9205 
企業 1,500万円 経営支援課融資係
03-3803-2311
企業 1,000万円 産業振興課
03-5390-1237
江東区 住宅 500万円 都市整備部 住宅課
03-3647-9473
台東区 住宅 300万円 都市づくり部住宅課
03- 5246-1367
企業 1,250万円 区民部経済課
03-3647-2331
企業 1,000万円 産業部経営支援課融資
03-5246-1135
杉並区 住宅 500万円 住宅課住宅施策推進係
03-3312-2111
中野区 住宅 500万円 都市整備部 住宅融資担当
03-3228-5581
企業 1,500万円 産業経済課商工係
03-3312-2111
企業 1,000万円 産業振興分野 産業振興担当
03-3228-5518
中央区 住宅 700万円 住宅課
03-3546-5466
江戸川区 住宅 500万円 都市開発部住宅課
03-5662-0517
企業   商工課
03-3546-5333
企業 5,000万円 生活振興部
03-5662-0538
新宿区 住宅 300万円 都市計画部住宅課
03-5273-3567
文京区 住宅 500万円 住宅課
03-5803-1238/td>
企業   地域文化部商工観光課
03-3344-0702
企業 1,500万円 経済課産業振興係
03-5803-1173
墨田区 住宅 500万円 建築指導課指導担当
03-5608-6268
品川区 住宅 20万円 住宅課居住支援係
03-5722−9878
企業 環境保全課指導調査担当
03-5608-6213
企業 3,000万円 商工相談所
03-5722−9880
大田区 住宅 450万円 まちづくり推進部住宅課
03-5744-1343
世田谷区 住宅   住まいサポートセンター
03-5432-2532
企業 1,000万円 産業振興課融資係
03-3733-6185
企業   商業課
03-3411−6652
渋谷区 住宅 500万円 地域整備課 住環境整備係
03-3463-1211
豊島区 住宅   環境保全課
03-3981-2405
企業 2,000万円 商工観光課 商工観光係
03-3463-1211
企業  
板橋区 住宅   区民文化部住宅課
03-3579-2186
足立区 住宅   環境保全課
03-3880-5347
企業 3,000万円 産業振興課経営支援係
03-3579-2173
企業  
葛飾区 住宅 100万円 都市整備部建築課
03-5654-8553
西東京市 住宅 1,000万円 産業振興課
042-464-1311
企業 1,000万円 環境部環境課
03-5654-8237
企業
武蔵野市 住宅   防災安全部 安全対策課
0422-60-1916
東久留米市 住宅   環境緑政課
0424-70-7753
企業   企業  
三鷹市 住宅   環境対策課
04-0422-45-1151
東村山市 住宅   環境部管理課
042-393-5111
企業   企業  
国分寺市 住宅 400万円 環境計画課
042-325-0111
   
企業  

(平成19年5月現在)

※各地方自治体により融資額への条件などが異なります。
詳しくはお住まい、またはお勤めの地方自治体に直接お問い合わせ下さい。
アスベスト除去工事だけすればよい?
大半の場合、答えはいいえです。
多くの場合、アスベストを耐火被覆などの用途で使用されているため、アスベストを除去しただけですと建物を保護する機能が失われてしまいます。建物を長寿命化するためにも、アスベストの除去工事を行ったあとには復旧工事が必要となります。
環境への配慮
アスベスト除去工事中にアスベストが飛散しないようにするのはもちろんですが、除去したアスベストを廃棄する際もアスベストが空気中に飛散しないように細心の注意が必要です。

何故ならアスベストを廃棄するにも正しい知識をもって行わなければ、アスベストが運搬中や廃棄したのちに空気中に飛散してしまう恐れがあるからです。それではアスベスト除去工事した場所はもちろん、近隣へアスベストをばら撒いてしまうようなものです。

しかし悲しいことに、アスベストを廃棄をないがしろにしたり、アスベストを廃棄する際にしようしなければいけない産業廃棄物用の2重ポリ袋を使用せず、一般のポリ袋を2重にして使用する業者があるようです。それではアスベストがいつ外部に飛散してもおかしくありません。

タマ塗装では産業廃棄物用の2重ポリ袋を使用し、行政の指導に基づいた確実なアスベスト飛散防止方法により管理型最終処分場にて処分致します。

▲アスベストを除去した現場から最終
処分場まで責任をもって処理致します
アスベスト除去工事とアスベスト封じ込め工事の違い
アスベスト除去工事
アスベスト除去工事とはその名の通り、建物に使用されているアスベストを取り除く工事です。
アスベスト除去工事専用の薬剤を吹付けのアスベストに塗布することで工事中にアスベストが飛散するのを防ぎます。
メリット
・アスベストを完全に除去してしまうので以後のメンテナンスは必要ありません。

・アスベスト除去工事を行えば以後はメンテナンスは必要ないため、最終的には工事の費用が抑えられます。
デメリット
・アスベストの除去工事を完了させた後、多くの場合は復旧工事が必要となるため、封じ込め工事と比べると工事期間が若干長くなります。





 
アスベスト封じ込め工事
アスベスト封じ込め工事とは、建物に使用されているアスベストに専用の薬剤を塗布し、アスベストが空気中に飛散しないようにする工法です。


メリット
・アスベストに専用の薬剤を塗布するのが主な工事内容となりますので、アスベスト除去工事と比べると工事期間が短く、封じ込め工事だけで考えると費用も抑えられます。


デメリット
・使用頻度の低い施設ですと半年に1度、高い施設ですと月に1度の点検・記録などのメンテナンスが必要です。

・アスベストがなくなるわけではないので建物解体時にはアスベスト除去工事を行わなくてはなりません。つまり封じ込めの費用と除去工事の費用が発生します。
タマ塗装からのご提案
下記の表のように使用頻度が高く、劣化状況があまり良くない場合はアスベスト除去工事をお勧めしております。
アスベスト除去工事 お勧めの工事 アスベスト封じ込め工事
利用頻度は高く利用者も多い
(駐車場など)
利用頻度・利用者 利用頻度はあまり高くなく利用者も少ない
(機械室やボイラールームなど)
あまり良くない 劣化状況 非常に良い状態
少しは予算に無理がきく 対策工事の予算 あまり予算を組めない

早期にアスベスト除去工事を行うに越したことはありませんが、ほとんどのビルオーナー様、マンション管理組合様、工場オーター様が「自分のビルのアスベスト除去工事を行わなくてはならない」という事態を予想をしていなかったでしょう。
アスベスト除去工事は安い工事とは言えず、その為の予算をあらかじめ用意していたり、前もって計画を練っていないとアスベスト除去工事をすぐに実施するのは難しいかもしれません。

それに対し、アスベストの封じ込め工事はアスベスト自体を除去するのではなく、アスベストが空気中に飛散しないようにする工事で、工期の短さや値段の安さからも、アスベスト対策の応急処置として非常に有効です。
(貴建物により状況は異なりますのでご相談頂けましたら貴建物に最適な工事をご提案致します)

会社概要 個人情報保護 リンク サイトマップ お問い合わせ
株式会社タマ塗装 〒202-0013 東京都西東京市中町4-8-3 TEL:042-421-0010 FAX:042-424-2523
COPYRIGHT (C) 2006-2009 TamaToso. ALL RIGHTS RESERVED.